※MICBAMより大切なお知らせ

平素よりMICBAMを応援して頂き誠にありがとうございます。
改名前より数え、2017年より活動を行なってきましたMICBAMですが、この度2019年12月10日をもちまして解散することが決定致しました。
突然の発表となりますことお詫び申し上げます。
これまでに何度も話し合いを重ねてきましたが、このようなご報告となり深くお詫び申し上げるとともに、ご理解を頂けますと幸いです。
また、これまで活動を応援して頂いたファンの皆様、並びに関係者の皆様には心から感謝申し上げます。
最後までメンバー一同駆け抜けていきますので変わらぬ応援をして頂けますと幸いです。

 
2019年10月07日
SANKTUARIUM KETZER RECORDS
MICBAM メンバー一同

————————————————————
以下、各メンバーのコメントとなります。

 
まず、このような形になって本当にごめんなさい。

この5人ならいけると強く思って真っ直ぐ突き進んできました。
5人で頑張った日々、ふざけて笑った日々、辛かった日々、たくさんこのメンバーで経験して、たくさん学ばせてもらいました。

決して活動期間は長くなかったけど、ファンのみんなと出会えたこと絶対に忘れません。

まだ俺たちは終わってないから、残り約二カ月、全力で突き進んで最高の時間をいつもアホな事で笑いあってる仲良しなメンバーと大切なファンのみんなと過ごせたら幸いです。

最後までやりきるので、最後までついてきて来て下さい。

最後の最後までよろしくお願いします。

叫真

————————————————————

突然こんな発表でごめんなさい。
発表の通り2019年12月10日にMICBAMは解散することになりました。
解散理由としてはまず不仲とかではありません。
それは俺達を見ている人ならわかると思います。
我が強く一癖も二癖もある5人ですが、そんな5人だからこそお互いに刺激もあって尊重し合えていて本当に仲良しで喧嘩という喧嘩もしたことがありません。
今までよかったことも悪かったこともたくさんあったけれどこの5人だからやってこれたしずっと続けていきたい、いけると思っていました。
だからこそ何度も何度も話し合いました。
でも話し合いをすればするほど、それぞれがこれから先のことを考えれば考えるほどに解散という2文字しか答えが出せませんでした。
応援してくれているファンの皆、それから関係者の方々には本当に申し訳なく思っています。
このメンバーに出会って一緒にバンドできて本当によかったって心からそう思います。
最高のメンバーです。
メンバーじゃなくなってもずっと俺にとってかけがえのない大切な友達です。
そしてもちろんファンの皆にも出会うことができてよかったです。
俺達を好きになってくれて、応援してくれてありがとう。
本当に感謝しかありません。
ただ、まだ終わりじゃないです。
残された時間は少ないけれどこの最高のメンバーと共に最後まで一切手は抜かず全力疾走するので応援よろしくお願いします。

柑奈

————————————————————

約3年という短い期間ではありましたが1人も欠ける事なくこの5人での活動を支えてくれた全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に有り難う。
メンバーそれぞれまた別々の新しい道を歩んでいくけど、どんな形でも変わらず応援してくれたら嬉しいです。
言葉足らずかもしれないけど残された2ヶ月最後まで精一杯やり切るからついてきてね。

弐嘉

————————————————————

ファンの皆様へ

いつもMICBAMを応援して頂きありがとうございます。
発表の通り2019年12月10日にMICBAMは解散します。
メンバーと何度も話し合いをし、それぞれが違う道を歩けるように解散という形を選びました。

それぞれがこれから先の事、人生について考え出した答えなので何が解散の原因かと聞かれると一概にこれとは言い切れませんが決してネガティブな理由ではなく前向きだということです。

出会いと別れはどちらも大事だと思っています。別れは新しい出会いを生みます。
2017年2月23日からNIL UNDER RAINとして始動して約2年半。良かった事も悪かった事も沢山あるけれどこのメンバーでよかったなと本気でそう思います。

最後になりましたが、2019年12月10日僕たちは解散します。残り少ないですが全力で駆け抜けるので応援よろしくお願い致します。

七音

————————————————————

まずは発表が遅くなって、悲しい報告になってしまってごめんなさい。
MICBAMは12/10をもって解散します。
セッションから始まりNIL UNDER RAIN〜MICBAMと活動する中で本当に色んなことがありました。癖が強くて我の強い5人なので。それでもメンバーチェンジもなくこの5人でここまでやってこれたのは誇りだし素直に嬉しいです。
セッションからバンドを組んだ辺りの自分の気持ち、バンドの方向性を今の自分、バンド、メンバーに重ねてみると本当にたくさんの色んな要因があって良くも悪くも変わったなと思います。別の人間がやっている別のバンドってくらいに。もちろん悪い意味でではないです。でもそれが解散の原因になったとは思います。
メンバー、ライブに来たり応援してくれているみんなには本当に感謝しています。
12月まであと僅かではありますが感謝を伝えながら精一杯頑張ってラストまで突っ走りますので最後までよろしくお願いします。